とある女の日常のあれこれ

日々のちょっとしたお役立ちから、くだらないことまで。

U-NEXT31日間無料トライアルに登録して話題の映画〝ボヘミアン・ラプソディー〟を観てみました

 

 

最近色々なお試しをしているのですが、今回はU-NEXTの一ヵ月無料お試しに登録してみました!見放題作品 80,000 本を 31 日間無料でご視聴が可能!ということで、一ヵ月間で観れるだけ作品を観たいと思っています!

一ヵ月過ぎて、まだ利用したければ、月額1,990円で継続可能です。

 

 

 

※本ページの情報は2019年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

 

今回さっそく一本目に観た見放題映画は、話題となっている『ボヘミアン・ラプソディ』です。ついこの間公開された記憶でしたが、さっそく観ることができるとは思っていませんでした。

評判がかなりいいことは知っていたので、気になっていた映画です。


f:id:op33:20190422002911j:image

 

 

クイーンの曲は有名すぎて、世代ではない私でもよく知っています。

子供の頃に、テレビでクイーンの特集をやっていたのが印象的で、ずっと残っていました。ですが、音楽のインパクトは強くても、バンドがどういった道を辿ったのかということまでは覚えていませんでした。

 

この映画はそのクイーンの軌跡を辿る映画となります。

出演者ですが、バンドのメンバーからマネージャー、恋人など、昔のクイーンの映像などを見てみても本当にそっくりです。

もちろん現代の俳優が演じていますが、当時のものだと錯覚するほど、映画の中に引き込まれます。

 

ただ、主人公であるフレディ・マーキュリーに関しては、「こんなに大げさな出っ歯だったけ!?」と少し気になってしまいました(笑)

 

 

音楽が聴き馴染みのあるものばかりなので、本当に引き込まれますが、一つ残念だったのは、自宅で観たので音響が良くなかったことと、私の契約している回線が安定していないのか、パソコンの処理能力が悪いのか、とぎれとぎれになってしまったことです。

やっぱり、映画館に勝るものはないなと思いました。

たぶん、良いスピーカーを使って観ていたら、もっと臨場感があったんだと思う。

 

 

しかし、それを抜きにしても、映画は始終飽きるところもなく、当時のイギリスの様子にも思いを馳せることができ、とても面白かったです!

 

映画を見終わったら、色々検索してクイーンについて調べてしまいました。

当時日本でも人気が凄かったようなので、何の思い込みだったのかはわかりませんが、映画の中に少しは日本も出てくるのかと思っていたのですが、出てきませんでした(TYOKYO、OSAKAという文字くらいは出てきます)。

 

良いスピーカーを買うか、イヤホンをつけてもう一度観たいと思います。

 

 

ということで、『ボヘミアン・ラプソディ』の感想でした。

他にもまだまだ映画を観てみたいと思います!

 

 

 スポンサーリンク