とある女の日常のあれこれ

日々のちょっとしたお役立ちから、くだらないことまで。

〝断捨離〟昔の写真やプリクラを整理して処分

こんにちは。

最近の私は「身軽になりたい」「スッキリしたい」という思いから、「何か捨てられるものはないか」と、日々探しています。

 

今回は、過去に撮った写真やプリクラを整理しました。
f:id:op33:20181103235251j:image

 これまでにも、人生の節目や引っ越しの時には、写真とプリクラをいるものといらないものに分けて度々捨ててはきました。

しかし今現在ある荷物を整理中にフォトアルバムの中身を見てみたところ、「まだ捨ててもいいものがたくさんあるな」と思ったので、今回は思い切り減らそうと思いました。

 

 古い物から・・・

f:id:op33:20181103161859j:image

こちらなんと小学生のころのものです。

プリクラが流行り出した頃で、プリクラばかり撮っていた。

後から大変になるから「プリクラばかり撮ってないで勉強しろよ」と言いたい(笑)

 

 「限りなくコンパクトにしよう」ということで、プリクラ帳の金具部分を外して捨てる。よくよく考えると中身が大事であって、外の分厚いカバーはいらないなと思ったので捨てることに。しかも汚いし・・・。

 

そして中に貼ってあったプリクラは、「写りがきもい」「嫌な思い出がよみがえる」「あってもなくても変わらない」「わけがわからない」というのを基準に捨てて、半分くらいまで減らしました。

 

相当昔のものなので、粘着力もなくなってしまっていて、整理するのは難しかった。

ところどころハサミで切ったりして、バラバラになってしまったものは〝ポチ袋〟を折ってコンパクトに収納。

YouTubeで作り方がアップされているので、見ながら折りました。
f:id:op33:20181103170746j:image

 

次に写真を選別
f:id:op33:20181104150054j:image

 分厚いフォトアルバムに入っている写真をいるものといらないものに分けました。

100枚近くを残して130枚程を処分することに。

よくよく考えると

結構どうでもいい写真

同じような写真

見ると嫌な気持ちになる写真

旅行で撮った似たような風景

どうみても写真写りが悪い

目を瞑ってしまっているもの

動物

を基準に考えて捨てました。

 

一瞬躊躇したのは、昔好きだった人が写っている写真(天邪鬼ゆえ実らなかった系)。

苦い思い出なので思い切って裁断した。


f:id:op33:20181104154316j:image

 なんとなくそのまま捨てるのは気が引けるので、風景などは半分に、顔写真は細かく切ってから処分。シュレッダーなどはないので、全部ハサミで切りました。

時間がかかった。これだけ保存する写真が減ったので、ピンクの分厚いフォトアルバムも必要なくなったため、捨てました。

 

捨てる前に「いらないものは何キロあるんだろう」と気になり計量器で量ってみると、写真約400g、フォトアルバム500gで1㎏はいかないけどそこそこの量を捨てました。

 


f:id:op33:20181104154711j:image

結果的に残ったのがこちら。

意外にも十代の頃に大量に撮ったプリクラはほとんど捨てませんでした。

今思うと「どれだけの時間をプリクラに費やしたんだよ・・・」というくらいたくさんあって、昔は時間とかそういうことに関して何も考えてなかったんだなと思った。

 

 

二十代になるとさすがにプリクラは撮らなくなるし、写真もスマホで済ませて、クラウドSNS(私はインスタ)に残しておけるので、これから増えることはないでしょう。

 

 

整理した感想

整理した感想はシンプルに

・スッキリした

・疲れた

です。

 

この日は写真やプリクラの他にも色々と後回しにしてきたものを断捨離しました。

ですので夜寝る時、スッキリ感や解放感がありました。

 

そしてその日、昔の嫌な思い出の夢を見た。

やっぱり過去のものに触れると色々と影響するなと思った。

 

前に実家にあった服の断捨離をした時にも悪夢を見た記憶があります。

周りにあるものってやっぱり大事だなと思いました。

 

確かに楽しい思い出もあるけれど、これ以上に辛い思い出もいっぱいあった。

 

何はともあれ、身の回りの空間が広くなって頭もスッキリしています。

この調子でいらない物を減らすことを続行していきたいと思います。