とある女の日常のあれこれ

日々のちょっとしたお役立ちや出来事、節約、商品レビュー、映画、アイドルなど

似合わなくなった浴衣は売ってしまおう

 

f:id:op33:20190531015042j:plain

 

今年に入ってから一旦ひと段落した断捨離ですが、実はまだ手放していないものがありました。10年ほど前に着ていた浴衣です。

当時浴衣を着るのが好きだったし、着る機会も多かったので、自分用のは四枚ほどあったのですが、これが思い入れがあるのと、デザインが気に入っていたのとで、手放せずにいました。

 

デザインが気に入っているとは言っても、10年程前に買ったものなので、柄が少し若々しい・・・。今の自分はちょっと着れないかな・・・着るならもっと落ち着いた柄の浴衣を着たいなと思っていたので、本当にとってあるだけでした。

 

とっておいても着ることはないのですが、手元に置いておきたかったというのと、母が昔着ていた浴衣を娘が・・・みたいな話を聞くと、なかなか手放せずにいました。

 

しかし、色々と考えた結果、手放すことに決め、メルカリに出品しました。

浴衣の需要は高く、すぐにいいねが沢山ついてはいたのですが、購入にまでいたることはなく、このまま別に売れなくてもいいかな・・・なんて思っていた矢先に一枚売れ、また一枚と売れていきました。

 

 

これは毎度のことなのですが、実際に手放してみると、前まではあった執着心がなくなり、意外と後悔しないものなのだなと感じるのが断捨離の常となっています。

着ないでとって置くよりも、やっぱり似合う人に着てもらったほうがいいのかもしれない。家に眠らせておくのはもったいないですね。

 

 

今度浴衣を着る時は、新しいものを買って新しい思い出をつくろう。