とある女の日常のあれこれ

日々のちょっとしたお役立ちや出来事、節約、商品レビュー、映画、アイドルなど

〝安物買いの銭失い〟Amazonで中国製品頼んで立て続けに失敗。粗悪品を見抜く術

 

相わ変わらずAmazonを利用し続けているのですが、Amazonで買った中国製品がここ最近立て続けに壊れています。

 

 

よく「中国製品は安いけど粗悪だから買わない方がいい」という話は以前から耳に入ってはいましたが、私はそんなに悪いものに当たった経験がなかったので気にしていませんでした。

むしろ、安いんだから高性能を求めてもしょうがないくらいに思っていました。

 

そして自分で経験してみてやっと気がつく。

 

 

壊れるのが早かった物たち

 

 


f:id:op33:20191101222426j:image

ホームシアター用に買ったスピーカー。

千円台で買いましたが、3回使って壊れました。

中の接続がおかしくなったようです。

スピーカーとかよくわからないし、最初は取りあえず安いのでいいかと思って買ったら壊れるのが早すぎた。

 

 

 

 

 

f:id:op33:20191101213858j:image

安くて大容量のモバイルバッテリー。3000円程度だったと思います。

買って4か月、数える程度しか使ってないうちに壊れました。

今現在はショップは閉鎖されています。

レビューが500以上あり、☆5だらけだったので黒でしょう。

 

 

 


f:id:op33:20191101214027j:image

犬のトリミング用ハサミです。

1600円くらいで購入したので確かに安いです。しかし・・・

ハサミが3種類入っているのですが、切れ味がいいのは1本のみで、残り2本はほとんど切れません。邪魔になるだけです・・・。

 

 


f:id:op33:20191101214204j:image

犬用のバリカンです。

2400円くらいで買い、見た目もしっかりしていて買った当時は喜びました。

しかし3回使った程度で刃の部分が壊れました。

 

 

 


f:id:op33:20191101214336j:image

USBケーブルは600円程度で長さの違うものが3本入っているものを買いましたが、1本2か月程度のもちでした。

 

 

他にも商品画像と全然違うちんちくりんな部屋着とか、洗うたびに何故か臭い服とか(他の服は臭くなくその服だけ)、ちょこちょこと失敗しています。

 

 

 

 

 

最近のAmazonは本当に中国の業者が多くて、商品を検索しても中国製品が主に出てきます。そして、彼らは拙いながらも日本語を使っているので、一見日本の業者なのかなと思ってしまうのです。

 

 

物を買う時は安さ重視の私は何も気にせずに中国製品を買っていたのですが、最近になってようやくその酷さがわかりました。

 

 

粗悪品を売って金儲けしても何も思わないということが日本の感覚だとありえないことなので、何も考えずに選んでしまうと本当に騙されてしまいます。

 

もちろん日本にも人を騙して金儲けをする悪い人というのは沢山いますが、Amazonで堂々とやってしまっていることが厄介です。

Amazon好きなのにここまで酷くなってくると残念です。

 

 

これからは中国製品を頼まなければいいだけなのですが、ここまで中国製品が溢れてしまうと見抜いて選別するのが面倒くさくなってきそうです。

そしてたまに良い商品とかもあるんですよね・・・。

 

 

粗悪品やさくらレビューを見抜く方法

 

しかし中国の業者を見抜くのは結構簡単だったりします。

まずは製品情報などの説明の日本語が少しおかしいことです。

何かの翻訳機能を使っているのでしょうが完全な日本語にはなっていません。

 

そして、2つ目はレビューの高評価が異常に多く、皆同じようなことを書いていることです。

中国の業者には、「製品をただであげるので、☆5のレビューを書いて欲しい」などという依頼がまん延していて、それに乗っかる日本人も多く、最初は私もそのさくらレビューに騙されていたのですが、最近では見抜けるようになってきました。

 

そして3つめは、中国人のさくらがレビューの名前に日本人のフルネームを使っているということです。日本人に対して信ぴょう性を持たせるために日本語のフルネームを使ってさくらレビューをしている中国人が溢れています。

名前は日本人なのに文章がちぐはぐなのでよく読んでみるとわかります。

そして日本人はユーザー名にわざわざフルネームを記載しないですからね。

よく読むと日本人であれば違和感を感じるのですが、インターネットに疎い人は気を付けた方がいいです。

 

4つ目は、☆1や☆2の低評価もチェックすることです。

ここにさくらの情報や真実が書かれていることがありますので、文章から見抜く力が必要となります。

 

 

 

1回2回くらい悪いものに当たっただけならまだいいのですが、ここまで続くともう中国製品は信用できなくなってしまいました。

良い製品もあるのかもしれないけど、ハズレが多すぎて、そして裏工作が目に見えるようになってから完全にしらけています。

 

今の段階で気がついてよかったです。

 

衣類とか、捨てるのが簡単な物であればまだいいのですが、機械系だと家にガラクタが溜まっていき、処分するのも非常に手間となってしまいます。

 

それにしても、そんな粗悪な商品に対して日本人のさくらレビューが500以上書かれていたりするのだから、Amazonではこれからの課題になってくるのではないでしょうか。完全なに信用の問題に関わってきますからね。

 

 

 粗悪品販売に加担する日本人

 

なぜ日本人が中国製品に対してそんなさくらレビューをするのかというと、レビューを書くとAmazonギフト券やその他プレゼントなどがもらえちゃったりするからなのです。

 

このことは最近知ったのですが、中国は本当に様々な手口で中国で安く仕入れた粗悪品をAmazonを通して日本に売りつけているのです。

 

 

きっと苦情も多くなっているはずですからAmazonの方も対策はしてはいるようですが、ショップが強制的に閉鎖されても、また新しいショップを出店するというイタチごっこになっているようです。

 

 

 

このままでは日本がガラクタとゴミだらけになってしまいます。そんなのいやだ!

 

 

私は決めた。

 

これからはちゃんと日本の製品を買うようにします。

 

多少割高でも、買いなおす手間やお金、時間のことを考えると絶対にその方がいいです。

 

 

中国人自体には私は悪いイメージを持っていないのですが、Amazonの中国製品だけは信用してはいけないということを実感しました・・・。