とある女の日常のあれこれ

日々のちょっとしたお役立ちや出来事、節約、商品レビュー、映画、アイドルなど

久しぶりに本屋に行ってみたら、やっぱり紙の本っていいなと思った話

先日ショッピングモールに行く機会があったので、久しぶりに本屋に立ち寄ってみました。特に暇を潰すためとかでもなく、本当になんとなく入ってみただけなのですが、置いてある書籍、雑誌、漫画などを見ているだけで面白く、なんと一時間近くも経過してました。

 

本屋の居心地がいいことと、本を持った感触が懐かしく、何とも言えない気持ちになりました。「こういう面白い本があるんだ」という新しい発見ができることも、本屋のいいところだと思います。

 

 

私は本はよく読む方なのですが、Amazonのプライム会員なのでスマホで無料で本が読めてしまうため、ここ二年ほどは紙の本は買わずにkindleですませていました。

 

元々こだわりがあり、紙の本の方が好きだったため、家に本が溜まっていっていたのですが、引っ越しする時に重くて非常に大変なことと、断捨離をした時の手間を考えると、なるべくkindleで済ませた方がいいなと思うようになり、それからはほとんど紙の本を買うという事をしなくなりました。

 

今いる場所に定住していればいいのですが、今後は色んな所に住んでみたいと考えていて、引っ越しの度に大量の本を持ち運ぶのは困難だと判断したため、最低限の本以外は全部売ってしまいました。

 

そう考えると、kindleというものは、スマホの中に何冊分もの本を入れておけるという点で非常に便利でありがたいものになります。

欲しい時に本を買って読む事ができるし、読む場所も選ばない、荷物にもならないし肩も凝らない。

 

しかし久々に本屋に行って「ああ、やっぱり紙の本っていいな」と思ったと同時に、紙の本を所有する事は「金持ちの贅沢な趣味になる」という記事を見たことを思い出し、まったくその通りだなと実感しました。

 

お金のことを気にする必要のない人は、どれだけ本を所有していても、置いておく場所に困ることもないだろうし、引っ越しをするのだとしても、業者さんに全部頼んでしまえば労力になることもないでしょう。

 

 

お金に余裕のない人はあらゆるところでかかるお金をどう減らすかという事を考えなければなりません。

引っ越しをするのにも、どうやったら安くすむのかを考えると、紙の本というのは運ぶことや置くスペースなんかを考えると、頻繁に移動したい者にとっては、あるだけで結構なコストがかかることになります。

 

 

いつかあちこち行くことにも飽きて、落ち着いた生活を送る時がきたら、紙の本に囲まれた生活をしたいと思った1日でした。