とある女の日常のあれこれ

日々のちょっとしたお役立ちから、くだらないことまで。

断捨離をしたら物欲がなくなりました。

 

f:id:op33:20171206000942j:plain

身の回りの物を最低限必要な物だけにしてみようと思い立ち、色々と捨て始めてから早三か月。

 

まだまだ物で溢れかえっています!

どれだけ今までため込んでいたんだっていうくらい、捨てても捨ててもなくならない。

 

 

物がある事に対してうんざりしているので、これ以上物は増えないでくれと願い、

今までみたいには物を欲しいと思う事がなくなりました。

 

 

 

以前の私ならば、

服、本、お菓子のストック、靴など物欲まみれで、あまり我慢することもなく欲しいと思ったら買っていました。

 

 

 

残念なことに、買って使用しないということも多々・・・。

 

 

 

 

その他アクセサリー、CD、漫画、香水、芳香剤などなど、なんとなく欲しいと思ったら買っていた始末です。

 

 

 

服は今レンタルできるし、本は図書館や電子書籍を利用すると幅を取りません。

CDも買わなくてもネット上でダウンロードできます。

 

 

 

元々は断捨離にそんなに興味もなかったし、自分は荷物は少ない方だと思い込んでいたのですが、なんのその。

いざ始めてみると、いかに自分が無駄な物の中で過ごしていたのかがわかりました。

 

 

捨てている中で一番買って無駄だったなと感じたものは、いつか彼氏が出来た時のための食器です(笑)

 

 

結局家に来客がある事もなく、そんなに必要なかったので、燃えないゴミの日には大量の食器を出す羽目に。

 

まだまだ使えるようなものも捨ててしまったことがグサりときたので、もう絶対に必要になった時にのみ買うようにしようと心に誓いました。

 

 

 

よく断捨離ブログなどで、断捨離を始めると物を買わなくなるなどという記事を読んでいたのですが、これは本当に物欲がなくなります。

 

私はメルカリで売ったりもしているんですけど、写真を撮ったり、値段をリサーチしたり、包装して出品するのが結構な労働になり、しかも勿論買った時の値段より価値は大幅に下がります。

これを繰り返していると、段々と必要な物以外をを買わないという習慣が身についてくるんですよね。

 

 

 

もうこれ以上何も入って来ないっていうくらいに私の部屋は不要なものであふれていたのですが、

そこにスペースが出来るので余計な事に気を取られなく、やるべきことに集中できます。

 

 

なんとなく捨てるのが面倒だからとそのままにしておいたくたびれたソファーや、ただの物置になってしまったデスクなども捨てたので本当にスッキリしました。

 

 

物理的にスペースが空くと不思議と心にも余裕ができます。

 

 

 

家具などを大胆に捨てて配置なども変えた時には結構気力を使ったのか、ダウンしてしまったことも・・・。

たぶん何年も見慣れていた配置が大幅に変わり、色んなものの目に入る位置なども変わったので、脳が疲れてしまったと思うんですよね。

 

 

所有の欲はもう私にはあまりないのでこれからは出来るだけ身軽にシンプルライフを送っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

思い切って本を処分したいけど出来ない時

 

f:id:op33:20171204223351j:plain

引っ越しを機に、いらない本は売ってしまおうと思ったのですが捨てられない性分の私はなかなか本を手放すことが出来ませんでした。

 

本を運ぶとなると、服や小物、食器などと違い相当な重量になります。

と、なると引っ越す前に要らない物を捨てるというのが必然的な流れになります。

 

 

そこで私が実行したことを書いていきたいと思います。

 

 

まず一つ目に、

本当に大事な本、人生を変えた本などは取っておくことです。

無理して捨てないことです。

 

 

 

「これ、もう完全に必要ない」「つまらない本だった」という本は

汚いなら捨てるorメルカリで売ります。

もうずっと読んでなくて、これからも読むことがないならば、思い切って捨てた方がいいです。

捨てるのは勿体ないけど、メルカリは面倒くさいという方は、ブックオフにまとめて持って行くといいでしょう。

 

 

一番難しいのが、微妙な本

本当に大事!ってわけでもないけれど、なかなかいいことも書いてある・・・っていうような本は、私がおススメするのは、

その本の大事な部分だけをノートなり、紙に書き写してから売るということ。

迷っている本なんかはこの方法がおススメです。

 

 

最後に。

もし捨てたり売ってしまっても、もう二度と同じ本に出会えないという事はないでしょう。図書館なり、電子書籍なり、またどうしても欲しくなった時にはまたいつでも読む事ができます。

 

そして売った本は、その本を必要としている次の人の元へ届きます。

そう考えるととても手放しやすくなります。

 

私は今のところ手放した本の中でもう一度手に入れたい!と思った本はありません。

意外と手放した後は忘れてしまうものです。

 

 

 

 

 

 

六年間NHKの受信料の支払いを拒み続けました。

 

f:id:op33:20171201234220j:plain

六年間一人暮らしをしていました。

一人暮らしを始めたばかりの時にさっそくやってくるのがNHKの徴収員です。

必ず訪ねてきます。

 

私が六年前に部屋を借りたばかりの時にも一週間もしないうちにやってきました。

営業で訪問してくる人は、インターフォン越しに名乗るのではなく、とりあえず玄関に出てきてもらおうという作戦で話してくるので要注意です。

 

 

私も当時はインターフォンがなると律義に全部出ていました。

今では事前の連絡なしで家を訪ねてくるのは、宗教関係や、営業ばかりとわかっているので、インターフォンすら出ない時もあります。

 

 

六年前に初めて徴収員が来た時、私はNHKにお金を払うという事を知らなかったので、

絶対に詐欺だ!!と思い込み、料金は支払いませんでした。

 

 

しかしご存知の通り、NHKの徴収員というものは、とってもしつこいですよね。

しかも気が弱そうで、頭もそこまで良くなさそうな女に対しては営業系はぐいぐいくるものです。

 

 

私もかなり長い間やりとりをしていた覚えがあります。

 

 

 

しかもその時家にテレビはなく、あったとしてもNHKは見ていなかったので、そのことを伝えると、今度はケータイを見せて下さいと言われ、見せると

ケータイにワンセグがついているだけで、見ていなくても払わなければいけないと勝気な感じで言われた時には強い憤りを感じたものです。

 

 

 

絶対に払いたくないと思った私はまず

「今現金を持ってない」と伝えます。

 

これは誰でも使う手ではないでしょうか。

 

しかし相手も「それなら」と、銀行引き落としでもできると言うので私は通帳も持っていないと言い張りその時は撃退しました。

 

 

 

かなりしつこかったのを覚えています。

 

 

後日また来ると言っていてちゃんと来たのですが、今度はインターフォン越しで話は済ませ、絶対にドアは開けませんでした。

 

 

この時も相当しつこかったのですが、なんかムカつくから絶対に払わないと決め込んだ私が勝ち帰っていきました。

 

 

 

その後もかなりしつこく来てたのですが、ぱったりこなくなりました。

 

 

しつこくやってくる時期があるんですよね。

 

 

 

一年くらい前にやってきた時も、インターフォン越しにかなりしつこくされたんですけど、全部忙しいからといって絶対にドアは開けませんでした。

これ開けたらおしまいだと思います。

ピンポンを鳴らす回数も多いですけどね。

 

 

 

「詐欺がこわい」

「家の人がいない」

「今すぐ出かけなきゃいけない」

で基本的に撃退できると思います。

それでもしつこいですけどね・・・。

 

 

 

 

個人的に思うのは、払うのが義務なのであれば、営業とかで取れるところから取るスタイルではなく、強制で絶対にみんなから取ればいいのにと思います。

 

 

 

 

 

アオハライドを初めて読んで衝撃を受けました。

 

 

昨日は時間があり暇潰しで満喫にいたので、久々に少女漫画を読みました。

 

ママレードボーイNANAご近所物語が最初に目に入ってきましたが、読んだことのないものを読んでみようと思いなんとなく目に入ったのがアオハライドだったので手に取って読んでみることにしました。

 

映画にもなってますが、予告しかみたことがありません。

 

 

女の子はよくありがちな男の子が嫌いな女の子。

お相手の男の子はキャラとビジュアルたまらん!最高です。言う事なし。

 

 

 

 

まずは絵ですが、素人目にみてもかなり上手いです。

自分に合う。というかたぶん万人受けする作画なんじゃないかと思います。

 

私は1ページ目でもうこれ好きな漫画だと確信しました。

1ページ目から好きと感じる漫画はなかなかないと思います。

そして四ページ目くらいにはもう心奪われています。早いですね(笑)

そして数ページごとにキュン死にまではいかないくらいのキュンがくる。

 

 

ありきたりな青春ラブストーリーだと思ったけどその通りでした。

 

しかしその感じがたまらなくいいです。

絶妙にいい。

 

微妙な感情の動きの表現の仕方がすごくうまいです。

 

漫画を読んでいて絵やストーリーがうまいのに惜しいなと思うのが、やっぱり人の動きや感情の動きの表現。

 

 

この漫画は大袈裟じゃなく私目線で言うと完璧です。

 

 

 

 

そしてアラサーの女が不覚にも高校生の物語を読んで6分の1も読んでないうちに少し泣いてしまった(笑)

 

 

そして恋愛だけではなく、中高時代のあるあるがつまっているなと感じました。

 

女同士の嫉妬とか。

色んな女子キャラがいるんだけど、個性が強くて好きですね。

 

 

主人公が妬み女子に啖呵をきる場面がなんともスカッとしますね。

嫌いってことは関心の内側にその人がいるっていうこと。

 

相手のことを悪く言えば自分が高みに立っているように思える。っていうセリフには本当に「そうそう!!」って心の中で深くうなずきました。

 

 

 

 

「ほっとけないくらい嫉妬してんだよ。」ってこの一言が嫉妬女子への一撃となりました。

私も嫉妬などで悪口を言う系の人は大嫌いなので、まさかこの少女漫画でスカッとさせられるとは思いもしませんでした。

 

 

 

 

めちゃくちゃかわいいこの上目遣い「ざまみろ」

これはやばかったですね。この「ざまみろ」だけでも読む価値ありです。

 

 

 

話の展開もテンポよく早くて漫画特有のもどかしさは感じられませんでした。

 

 

そして終わりかたのセンスのよさ。

 

 

感想を一言で言うと

「いいものに出会った」

 

 

 

まだ全巻読んでいないので、全部読み終わったらまた感想を書こうと思います。

 映画にはなってますが、ちょっと配役が残念だったなーというのは否めないですね( ˘•ω•˘ )

 

 

エケコさん人形が壊れたので処分しました。エケコさんは効果があるのかないのか。

 

先日、エケコさん人形が壊れてしまいました。

最近断捨離にハマっていまして、いるもの、いらないものを分けていて出てきたのがエケコさん。

 

出てきたというよりも、奥の部屋にあるデスクの上にずっといたのですが、私の視覚に入ってくることもなく存在すら忘れていました。

 

部屋の大掃除をしている時に出てきたのですが、その時はまだ壊れていませんでした。

正直なところこれは要らない部類だなぁ・・・と思っていたのですが、

エケコさん人形といえば『幸福が訪れる人形』。

 

すごく捨てるのに勇気が必要ですよね(笑)

 

 

 

 

幸せが欲しくて買ったエケコさん

エケコさんを知ったのが、五年ほど前。ちょうどその頃私は当時付き合っていた彼と別れたり、仕事も悩みだらけ、身体の調子も精神もいい状態ではないという

結構などん底期でした。

 

 

そんなある日友達の家に遊びに行って和んでいる時に友達がなにやら人形にタバコをくわえさせた。

なにをふざけているんだと私は聞きましたが、説明を聞いたところふざけてではなく

「エケコさんはマルボロのメンソールが好きだから金曜日に口に入れてあげると喜ぶ」と言うのだ。

 

私もその友達も特にスピリチュアルには全く偏ってはなく、どちらかというと現実的な当時でいうギャルでありました。友達はテレビ番組で知ったらしい。

 

 

そんな友達にすすめられたのもあり、数日後にチャイハネで見つけたのがエケコさん。

チャイハネは、民族的というかエスニックやアジアンな雑貨やファッションが揃う独特の雰囲気を放ったお店で、当時たまに行くことがあったんですけど、

たまたまエケコさんを発見したのか意図して買いに行ったのかは覚えていません。

 

 

本物、偽物があるみたいなんですけど、

私が買ったものはどうやら本物だったようです。

千円台だったと思います。

そのころ私はマルボロメンソールライトを吸っていたので、金曜日にはエケコさんにちゃんと吸わせていました。

 

エケコさんの首から車だったりお金だったりといろいろなものがぶら下がっているのですが、これは首からぶら下がっているものがあなたのもとに舞い込んできますよという意味。

 

 

私のエケコさんには食べ物を意味するものやハート、VISA、お金などその他もろもろかかっておりました。

 

ちなみにエケコさんを買ってから一年くらいでタバコは辞めたのでそれからは吸わせていませんでした。(どっちでもいいみたいですよ)

 

 

 

 

役目は果たしたと言わんばかりに

捨てたいけど捨てるのはな・・・・と散々迷ったあげく

取りあえずエケコさんは引っ越し先に持って行こうと思い、クッション材に包み段ボールの中に入れておきました。

 

数日後、もう一回段ボールをあけて整理をしていたところ、エケコさんが壊れているのを発見。


f:id:op33:20171116212455j:image

 

 

 

 


f:id:op33:20171116212515j:image

 

足が壊れてしまいました。

脆いものですね・・・。

 

 

 

そこでもやもやしていた私はふっきれ、思い切って捨てることを決意。

人形(しかも幸福の)を捨てるって結構勇気がいると思うんです。

しかしタイミングというか、壊れた事を機に「あ、これはもうこの家でさよならだな」と思いました。

 

ネットで検索してみたところ、捨てた事により不幸が起こったなどはないようだったのでエケコさんにお礼を言ってから服を買った時の紙袋に入れて燃えるごみとしてさよならしました。

 

本当はしっかりとした箱などに入れての方がいいらしいんですけど、物はあまり関係ないので自分なりにのものでいいと思います。

 

人形供養に出す方も結構多いみたいですね。

 

 

 

エケコさんの効果

人によって何を望んでいるか、何が幸せなのかって違うと思うんですけど

当時の私は欠乏感が凄いあったと思うんです。

当時の彼をずっと引きずっていたし、稼いでも稼いでも満足しない、最近気づいたのですが恋愛依存、買い物依存でもあったなと。

 

 

稼いだお金をストレス解消に使っていたのでやってもやっても無い状態が続く・・・。それでいて満たされないのはなんでだろうとずっと悩んでいたのです。

今思うと勿体ないけど(笑)

 

 

やっとです。

荷物を必要最低限にしようと断捨離を始め、やっと気づきました。

部屋が物で溢れかえっている!!

 

 

 

なんで今までわからなかったんだろうというくらいに

使わない物で溢れていました(笑)

断捨離という言葉は聞いたことはあっても、自分はそんなに物持ちではないから関係ないと聞き流していたのですが、いざ始めてみると

捨てても捨てても出てくる。

 

 

 

そこでやっと今まで私は買い癖があったのだと気づいたのでした・・・。

「もっと、もっと」となった結果これ以上何も入ってこないんじゃないかというくらいに物が溢れかえっていたのです。

 

 

 

しかも当時引きずっていた彼は今思えばとってもどうでもいい男でありまして・・・(恋愛なんてそんなもの(笑))

 

 

 

物を買って心の隙間を埋めていたんだとやっとわかったと同時にエケコさんも必要なくなったのだと思います。

 

今は物がありすぎて逆に嫌な状態です。

 

 

 

何かを手に入れたから、何かを買ったから、何か特別な事をしたから、

「これがあるから」幸せが訪れるのではなく、

「もう十分にありすぎる」とやっと思えるようになりました。

 

 

 

結果気付いたら物がありすぎる状態になっていたので、エケコさんは効果があるのかないのかというとあるのだと思います。

 

 当時自分には到底無理だろうなということも大体叶っています。

 

 

もう願掛けするのに物は必要ありません。

 

 

これから私は「なるべく減らしていく」段階に入ります(^^)

 

 

 

 

南米ペルー直輸入 本物 開運グッツ 金運アップ 恋愛運アップ エケコ人形【Lサイズ約20センチ】
 

 

知ってるようで意外と知らない月の読み方 一月~十二月

 

f:id:op33:20171124080022j:plain

 

睦月(むつき)☆一月  

✔親戚一同が集まり、仲睦まじくする月という説が有力。

 

 

 

 

 

如月(きさらぎ)☆二月

✔寒さで着物を更に着る「着更着」、逆に陽気になって「気更来」などの説あり。

 

 

 

 

 

弥生(やよい)☆三月

✔木草がいよいよ生い茂る月という意の、「木草弥や生ひ月(きくさいやおいづき)」が語源。

 

 

 

 

卯月(うづき)☆四月

✔卯の花(うづき)が咲く月という説が有力。

 

 

 

 

 

皐月(さつき)☆五月

✔五月は早苗(さなえ)を植える田植えの月であるから「〝さ〟つき」という説が有力。

 

 

 

 

 

 

 

水無月(みなづき、みなつき)☆六月

✔「無」は「の」という意味であり「水の月」とする説など諸説あり。

 

 

 

 

 

文月(ふみづき、ふづき)☆七月

✔七夕に詩や字を書いたから、という説が有力。

 

 

 

 

 

 

葉月(はづき、はつき)☆八月

新暦では九月上旬¥から十月上旬あたり、紅葉で葉が落ちるからなど諸説あり。

 

 

 

 

 

 

長月(ながつき)☆九月

✔秋が始まり、夜が徐々に長くなるからなど諸説あり。

 

 

 

 

 

 

神無月(かんなづき、かみなしづき)☆十月

✔「無」は「の」という意味であり、神を祭る「神の月」とする説が有力。

 

 

 

 

 

霜月(しもづき、しもつき)☆十一月

新暦の十二月にあたり、霜が降りる月であるからと言う説あり。

 

 

 

 

 

師走(しわす、しはす)☆十二月

✔師(僧侶)がお経をあげるために、各地を馳せる月、という説が有力。

難しい!〝何て読むのかわからない〟のし袋の漢字の読み方とその意味

 

f:id:op33:20171124065219j:plain

御霊前

〇ごれいぜん

 

意味

亡き人の御霊(みたま)の前。

✔亡き人に供える供物(くもつ)や香典(こうでん)の上書きに用いる言葉。

 

 

 

御仏前

〇ごぶつぜん

 

意味

仏の前。仏壇の前。

✔仏式の法要で、仏前に供える供物や金包みの上書きに用いる。

 

 

 

御神前

〇ごしんぜん

 

意味

神の御霊に捧げる意。

✔神式の葬儀、法要の際に贈る弔慰金(ちょういきん)の表書きに用いる。

 

 

 

御香典

〇おこうでん

 

意味

亡き人の霊に供える香の代わりの金品。

✔仏式の葬儀や法要の金包みの表書きに用いる。

 

 

 

御香料

〇ごこうりょう

 

意味

亡き人の霊に供える香の代わりの金品。

✔仏式の葬儀や法要の金包みの表書きに用いる。

 

 

 

御布施

〇おふせ

 

意味

僧に施しを供えるという意味。

✔仏式の法要で、寺院読経の謝礼を寺院に贈る際の表書き。

 

 

 

御供物代

〇おくもつだい

 

意味

「供え物に代えて」という意味。

✔仏教、神道キリスト教の葬儀や法要の際、弔慰金を包む表書きに用いる。

 

 

 

 

玉串料

〇おんたまぐしりょう

 

意味

玉串に代えての意。

神道において神社、神官に贈る謝礼の表書きに用いる。

 

 

 

御回向料

〇ごえこうりょう

 

意味

「回向」とは仏事を営み霊を供養すること。

✔仏式の法要で、僧の読経に対し謝礼を贈る際の表書きに用いる。

 

 

 

御祈祷料

〇ごきとうりょう

 

意味

「祈祷」とは神に祈願すること。

神道において神社、神官に贈る謝礼の表書きに用いる。

 

 

 

〇こころざし、し、しるし

 

意味

心をこめた贈り物。

✔通夜式、告別式でお世話になった人へお礼を贈る際の表書きに用いる。