とある女の日常のあれこれ

日々のちょっとしたお役立ちや出来事、節約、商品レビュー、映画、アイドルなど

天性の才能がある?BABYMETALアベンジャーズ鞘師里保について語る。

 

 

久々のベビメタブログですが、相変わらずずっとベビメタの動画を観ていました。

三人のアベンジャーズが交代でYUIMETALがいたポジションを務めることで、ベビメタは元の三人体制に戻っていました。

 

2020年に入ってからのヨーロッパ公演は、今のところ鞘師里保一択でいっている様子です。

見てると勝手に目が鞘師に釘付けになっています。

今日は鞘師について書いていきたいと思います。

 

目次

 

 

 

ダンスのキレとしなやかさ


f:id:op33:20200215231144j:image

 

ベビメタ自体は2010年に結成され、なんと10年という歴史をもっていますが、鞘師がサポートメンバー(ダンサー)として加入したのは2019年から。

 

この10年の間に生み出された激しいダンスをマスターし、世界ツアーで完璧以上に踊れるのはやはり天性のものを持っていないと難しい。

 

そしてダンスを自分のモノにしているところがすごいところです。

ベビメタのダンスの振り付けって本当に独特なんですよね。そして激しいのです。

そこが中毒に陥ってしまう要因でもあります。

 

 

少しだけYUIMETAL感がある

最初に鞘師を見たときは、どこの誰かもわからなかったので、正直なんでこんな太っている子を!?と思ってしまいました笑 やっぱりどうしても元々いたYUIMETALと比べてしまうというのはあります。


f:id:op33:20200215230315j:image

ユイメタル

 

しかし最近の公演ではどんどん身体も絞られてきているようで、違和感もなくなってきました。というか、見慣れてしまえば、別に細くても太くてもどっちでもいい。

というか、ふくよかなのも力強くていいですし、可愛らしく思えてくるものです。

そう思えるのは、やはり実力あってこそのものだと思います。

 

あと、SUとMOAの細さと体力が異次元ということもありますよね。

サポートメンバーが入ったことにより、SU・MOA・YUIの三人が如何に異次元の組み合わせだったのかを思い知るのでした。

 

最近もうほぼ鞘師にしか目がいかなくなってしまったのですが、たまになんとなくですがYUIMETALと少しだけ似ているなと思うことがあります。


f:id:op33:20200215230955j:image

鞘師里保

 

鞘師のダンスはキレとパワーがあり、迫力があるのですが、YUIMETALのダンスも華奢ながらにキレが凄かったんですよね。

 

すごく細かなところで、こう動けばこうなるといった事が計算しつくされているとしか思えないダンス。

大胆であり細かなところにまで気を配っているところに共通点があると思いました。

 

プロとしてのダンスをしているという面で、なんとなくYUIMETALの面影を感じる時があります。

あと、顔の系統も少し似ているような気がします。

 

 

 

 

鞘師が入ることによってまったく新しいBABYMETALになる


f:id:op33:20200215225519j:image

 

YUIMETALに似ている部分があると書きましたが、実際にSUMETAL、MOAMETALに鞘師を加えての三人での公演を見ていると、昔のBABYMETALとはまったく違ったものになっています。

可愛いメタルからカッコイイメタルにちゃんと移行している。

 

個人的に思うことなのですが、MOAMETALは元々可愛いだけではなくセクシーな部分があるなと思っていました。

そして、鞘師もほんの少しだけセクシーさがあると思います。

 

SUMETALに関しては、セクシーさを感じた事はないのですが、それはそれでまた彼女のいいところでもあるのです。

 

 

 

客を引き付ける何かを持っている

モー娘。のセンターというだけあって、客に対するコンタクトも素晴らしい。

 

例えば曲の間奏中の鞘師を見ていると、モー娘。時代があってこそのアイドルとしての役目をちゃんと果たしている。

盛り上げるのもうまいです。

マイクなしなのにすごい。

 

私はモー娘。ファンじゃないので、モー娘。時代を知りませんが、これは見ていてきっと彼女が当時培ってきたものなんだなとわかりました。

 

 

 

メンバーを固定する必要はないのでは?

ファンの間でも誰がベビメタの新メンバーになるのか?みたいな話題がよくあがっていますが、私はメンバーは固定しなくてもいいのでは?と思っています。

 

YUIMETALが抜けてから、三人体制という括りがなくなり、私はそれはそれで楽しめた。

ダークサイド時のマッスル姉さんがいたときも良かったし、毎回サポートメンバーが違うことも、それで楽しめる。

 

2019年の日本公演では、アベンジャーの三人全員が同じステージに立ったそうですが、それって最高じゃないですか(*ノωノ)


f:id:op33:20200215225443j:image

 

バックバンドは東の神バンド(日本人バンド)と西の神バンド(海外バンド)のコラボレーションも実現したそうな。

それって最高じゃないですか(*ノωノ)

 

色んなパターンがあった方がより楽しめる。

三人体制というのは完璧であると同時に、毎回同じものになり、満足しやすく飽きやすくなってしまうところがあると思います。

 

 

 

鞘師に声を与えてください

現在SUMETALがメインボーカルで、スクリーム(合いの手)MOAMETAL一人でやっていますが

やっぱり一人だとちょっと寂しい。

というか二人でやっていた部分を一人でやっているのは違和感がある。

 

鞘師のモー娘。時代の映像を少し見ましたが、ダンスだけじゃなく、歌唱力もあり魅力的な声を持っています。

その方が絶対に盛り上がるのでは?と思います。

(今でも十分盛り上がっていますが)

 

鞘師のみならず他のサポートメンバーにも声があったらいいなと思います。

 

 

終わり

ということで、鞘師について今日は書いてみました。

ベビメタはこれからまだまだ盛り上がっていくだろうと思います。

一度でいいから生のライブに参加してみたいものです!!

体力持たなそう(押しつぶされそう)なので隅の方で・・・。