とある女の日常のあれこれ

日々のちょっとしたお役立ちから、くだらないことまで。

やきそば弁当〝北海道命名150年〟塩バター風味(数量限定記念商品)食べてみた感想

〝マルちゃん〟やきそば弁当の『塩バター風味』のレビューです。

北海道が命名されて150年で、記念に出たやき弁です。

 

f:id:op33:20180608133040j:plain

 




f:id:op33:20180608133213j:image
中身はこんな感じです。普通のやき弁と同じく、火薬、液体ソース、コンソメスープ、ふりかけが入っています。火薬は普通のやき弁に入っている謎肉は入っておらず、かわりに豆腐が入っています。

 


f:id:op33:20180608133203j:image

普通のやき弁は『熱湯三分』ですが、こちらのやき弁は何故か『熱湯一分』。

しかし、三分だと思い込んでいていつも通り三分経ってから湯切りをしてしまった。



f:id:op33:20180608134022j:image

私の好きなコンソメスープもちゃんと入っていて良かった。

コンソメスープはやき弁の捨ててしまうお湯で作るのが美味しい。

味の感想は、塩バターのマイルドさとしょっぱさに、黒コショウが効いていて美味しかった。でもやっぱり子供の頃から食べている昔ながらのソース味のやき弁が一番好き!

 

 

 

 過去記事

6969.hatenadiary.jp