とある女の日常のあれこれ

日々のちょっとしたお役立ちから、くだらないことまで。

月9ドラマ“コンフィデンスマン”第一話が面白かったので魅力を語る。 

 

CMで予告が流れていたのを見て、面白そうだと思い、久々に月9ドラマを観ました。ドラマどころか最近ではテレビをみる事も少なり、『逃げ恥』以来の注目のドラマです。

 

主演は

長澤まさみ(30) ダ―子役

東出昌大(30)  ボクちゃん役

小日向文世(64) リチャード役

 

の三人です。

まず配役がとてもいいです。

 

 

最近は役者としての長澤まさみが好きなので、予告の時点で注目していました。

 

長澤まさみといえば、中学生向けのファッション雑誌で活躍していたころから若手女優として大ブレーク、そして現在は女優として不動の地位を築いたのではないかと思います。

 

正直なところ、若かりし頃は長澤まさみのことが好きではありませんでした。

 

しかし、女優として数々の作品に出演している長澤まさみの魅力に今更ながら気がづきました。

「顔が好き」とか「雰囲気がいい」という女優さんなら沢山いますが、「役者として好き」という女優さんはまた少なくなってきます。

 

 

次に東出昌大さんです。

安定の役者さんです。

私は『逃げ恥』の次のドラマ、あなたのことはそれほど』というドラマに凄い濃いキャラで出ていたのが一番の印象ですが、今度は「ボクちゃん」という可愛らしい名前で少し気弱なキャラで出ているところがギャップがあり新鮮です。

この二人は同年代ですが、

それにプラス64歳の小日向文世の渋さが加わりなんともいえない良い味を出しています。

この三人の組み合わせだけでストーリー展開が気になってしまいます。

 

三人とも、テレビの露出は少なめだけれど大物感があります。

映画に出ているイメージが強いですね。

 

 

 

ドラマの内容は簡単で、「三人で手を組んで大金をだまし取る」といったものです。

ドラマのタイトル『コンフィデンスマン』とは信用詐欺師のことだそうです。

 

 

といっても第一話を見た限りでは、騙し取る相手は悪人相手なので、「騙し取る感」がないというか、むしろすっきり爽快感を味わえました。

 

 

ドラマの出だしはさっそく長澤まさみが大金を騙し取りますが、着物姿で胸を銃で撃たれるという演技をして見事に億単位のお金をだまし取ることに成功しました。

 

この第一話前半部分が面白くなければ今後見る事はないとになりますが、その豪快さにあっけにとられました。

 

 

第一話のお金をだまし取られる悪役は大物俳優【江口洋介】です。

表の顔は善良なビジネスマンですが、裏の顔は誰の事も信じない脱税を企む赤星ことゴッドファーザー役です。

 

そのゴッドファーザー赤星相手に三人は挑みます。

 

赤星を出し抜くためにダー子はスチュワーデスになるために努力をして本当にその職業に就いてしまうんですけど、ここで私はダー子がぶっとんだ逸材だということを理解します。

 

「悪人から金をだまし取る」と聞けば、騙し取る側はろくでもない奴とイメージしてしまいがちですが、ダー子の場合は大金を得る為に、ずば抜けた集中力でスチュワーデスの勉強をするかなりの努力家です。

 

大量の本を目の前に情報収集に挑む姿に、普段の破天荒で思い切りのよさからのギャップを感じます。

努力をするという才能が人より飛び抜けているんですね。

 

 

そんな姿を見て視聴者の声を代弁したのが東出演じるボクちゃんの

「それだけ努力できるなら真面目に働いても成功するよ」

というセリフですが、

 

「そんなの才能の無駄遣い

とバッサリ言い捨てるところがキャラが出ていていいです。

 

 

公式のサイトではダー子のことは「天才的な頭脳と集中力で専門知識も短期間でマスターする」ということで、様々な職業に就くところもこれからの見どころです。

 

 

第一話は結局最後は赤星から大金をだまし取ることに成功。痛快ですが、騙し取るために偽の空港をつくったり、さくらを仕込んだりしているので、そのお金を差し引けば儲けは小銭程度というオチです。

 

 

 

 

しかし、儲けた後は豪華なディナーで祝杯というところが夢をみさせてくれるのでいいのではないでしょうか。

 

世の中が現金からクレジットカードへと移行している世界でも、札束を浴びている姿というのはまだまだ気分を高揚させてくれます。

 

 

 

次回は『リゾート王編』ということで吉瀬美穂との対決が楽しみです。

 

 


THE CONFIDENCE MAN JP (PV) 【Fuji TV Official】