とある女の日常のあれこれ

日々のちょっとしたお役立ちから、くだらないことまで。

サザエさんをみると安心する


f:id:op33:20180316132455j:image

去年は東芝がスポンサーを降りるため、サザエさんが終わるといったニュースが流れました。

遂にサザエさんも終わるのではないかないかという噂もありますが、まだ詳しいことは決まっていないようです。

時代に合わなくなったから。というニュースもありましたが、経費の削減というのが実のようです。

 

 

サザエさん症候群は、ウィキペディアにも載っているほど有名です。

「また明日(月曜日)から仕事(学校)に行かなければならない」といった症状になることを言います。

 

実際に私も学生の頃は、毎週サザエさんを見ていて、見終わるととてつもない虚しさに襲われていたことを思い出します。

 

 

現在はテレビ事態をほとんど見なくなりましたので、サザエさんも見る機会が減りました。

 

それでもたまに見るととても安心した気持ちになります。

現在は曜日は関係ありませんので、症候群になることもないです。

 

 

そこではサザエさんを見るとどうして安心するのかを現実的に考えていきたいと思います。

 

 

  • 事故、犯罪、災害が起こらない

現実の世界では毎日そこかしこで不慮の事故や犯罪が起こります。サザエさんの世界では全くといっていいほどそのような事は起こりません。

 

  • 関係が変わらない

家族の関係がずっと変わりません。年齢も変わらないので当たり前ですが、家族の平和がサザエさんの中ではずっと続きます。

 

  • 別れが無い

家族が家を出る、クラスメートが転校する、離婚する、死別するといったことがありません。

 

  • 美味しそうな食卓

今の時代では失われつつある家族団欒、みんな揃って食事することがサザエさんの中では当たり前です。

 

  • コミュニケーション力が高く、それさえあればうまくやっていける

コミュ力のない人から見れば、間違いなく登場人物は皆コミュ力高めです。

あまり陰湿な人なども見たことがないような気がします。

昭和に始まったサザエさんも、さすがに最近では現代風にはなりましたが、さすがにアニメの中にインターネットなどは登場しません。

今の時代では情報の行き来が早く、日々情報を入れて行かないとすぐに置いていかれてしまいます。

それがないのが平和に思える要因かもしれませんが、逆に言うとコミュ力がなければサザエさんの中でやっていくのは難しいような気がします。

 

 

 

 

 

ということで、サザエさんについて少し真面目に考えてみました。

ほとんどみることがなくなってしまったサザエさんですが、終わるとなると寂しいので存続してほしいといったわがままな気持ちがでてきてしまいますね。