とある女の日常のあれこれ

日々のちょっとしたお役立ちから、くだらないことまで。

都会と田舎、住むならどっち?それぞれのメリット・デメリット

 

 

人は生まれる場所を選べません。

「都会に生まれた」にしても「田舎に生まれた」しても、

どちらにもメリットとデメリットはつきものです。

 

そこで今回は都会に住むことと、田舎に住むことのメリット、デメリットを書きたいと思います。

 

 200万人程度の地方都市と、2万人程度の町に住んだ経験からの比較になりますので、あくまでも参考程度にと思います。

 

目次

 

 

 

 

都会のメリット・デメリット

 

メリット

f:id:op33:20180610012654j:plain

交通が便利

電車、地下鉄、バス、路面電車などが充実しています。

朝早くから夜遅くまで、何時間も待つこともなく、基本的に行きたい時にどこにでも行けます。

タクシーもいつもどこにでも停まっている。

 

車が無くても暮らせる

都心部であればなおさら、車の必要性が薄れてくる。

子供がいたり、犬がいたりしない限りは車がなくても余裕で暮らせる。

 

便利なサービスが多い

人口が多いので便利なサービスが出来ればそれだけ利用する人がいます。利用する人さえいれば便利なサービスもどんどん開発され、導入されるのも早い。

 

活気がある・出会いが多い

若者が都心部に集まる傾向があるのでやっぱり活気があります。

人口が多いのでそれだけ出会いの数や機会も増えます。

 

偏見が少ない・干渉されない

個人的な意見ですが、田舎よりも都会の方が偏見を持っている方が少ないように思います。

人が沢山いて、サービス、イベントなどが沢山あるので、どうでもいい他人に

かまっている暇がない。

 

夜でもお店が開いている

コンビニは24時間営業が当たり前。11時で閉まるお店の方が少ないでしょう。

郵便局なども土日営業、夜遅くまでやってくれているのがありがたい。

 

個性の強い人が多い

色んな人がいるので個性の強い人も多い。

むしろ個性がある方が仕事などで有利になる。

 

家が無くてもなんとかなる

ネカフェ、カプセルホテル、ゲストハウス、シェアハウス、ウィークリーマンションなどが充実しているので最悪家が無くてもなんとかはなる。

 

 

 

 

デメリット

f:id:op33:20180610012949j:plain

家賃・駐車場が高い

交通の便がいい場所はやはり家賃が高い。

 都心部であれば田舎の家賃に匹敵するくらいの値段の駐車場もある。

 

人が多くて疲れる

人混みが苦手な人にとっては目眩がするくらいに人が多い。

 密度が高いのでそういった場に頻繁に行くようであればストレスもたまりやすい。

 

雑音が多い・空気が汚い

朝はもちろん、場所によっては夜になっても雑音があります。

密度が高く、車の排気ガスも多いので空気は田舎より汚い。

 

犬に厳しい

人が多いので犬嫌いな人ももちろんいます。

犬を連れて歩いているだけで文句を言われたという話はよくある話です。

 

無関心

 よくも悪くも人に無関心。

アットホームが好きな人には寂しく感じるかもしれません。

 

 

 

 

田舎のメリット・デメリット

 

メリット

f:id:op33:20180610013948j:plain

家賃、駐車場が安い

言うまでもなく家賃は安いです。

賃貸の駐車場は安いどころか、無料がほとんどです。

 

空気がきれい

都会と田舎では外に出た時の体の汚れ方が違います。

 

あまり人とすれ違わない

人混みが嫌いな人にとっては最高です。

 

公共の場が広々と使える

公園も広々としていて休日でもあまり人がいない。図書館ものびのびと使える。

交通も基本的には席を取りあうといったことはない。

財政赤字などを考えなければとてもありがたい。

 

犬を飼いやすい

どの公園に行っても人がいないことが多いので、都会のドッグランで数千円取られそうな綺麗な場所でもただで使い放題。

他の人や犬に気を使うことなく思う存分遊ばせてあげる事ができる。

 

水道水そのままいける

 都会では水は買って飲んでいましたが、田舎だとそこまで気にしない。

匂いなども特に気にならないのでそのまま飲んでいます。

 

 

デメリット

f:id:op33:20180610013807j:plain

車がないときつい

都会みたいに人や店が密集しているわけではないので、車がない場合には少し歩かなければいけない。

家賃は安くても車を維持することを考えるとトントンのような気がする。

 

交通の便が悪い

電車、バスを一本逃してしまうと、次が来るまでかなり長い間待たないといけません。

更にタクシーが走っていないので、必要な時には電話をかけてハイヤーを呼ばなければならない。ちなみにハイヤーは予約専門なので、手を挙げても基本的には止まってくれない。

 

顔を覚えられる

ある程度の年数住むと、基本的にはどこに行っても知り合いがいるという状態になってしまいます。

気にしない人ならばいいでしょうが、鬱陶しくなってくることもあります。

 

噂話がまわるのが早い

そんなことまで?ということから、あることないこと、噂話がまわるのが早いのが田舎です。暇な人が多いせいか噂好きも多い。

 

変わり者だと目立つ

変わった性格、変わった見た目、極端に綺麗な人、カッコイイ人などがいると目立つ。

 特に協調性やコミュ力が無い人は個人的に田舎は向かないと思う。

 

考え方がちょっと古い・村社会

「古き良き」を重んじる、新しい物やサービスが出てきたらとりあえず拒絶する人が多いので、ちょっと疲れる。

仲間意識が強く、敵、味方をつくりたがる傾向がある。

いわゆるマイルドヤンキー思考が多い。

 

活気がない

当たり前のことですが、少子高齢化で田舎の方は特にお年寄りが多く、必然的に都会より断然活気がないです。言い方を変えれば凄くのんびりできます。

 

 

終わり

いかがでしたでしょうか。

都会、田舎、それぞれにいい部分、悪い部分があります。

憧れを持っていたり、移住しようと考えている方はそれをふまえた上で検討してみてはいかがでしょうか。