とある女の日常のあれこれ

日々のちょっとしたお役立ちから、くだらないことまで。

思い切って本を処分したいけど出来ない時

 

f:id:op33:20171204223351j:plain

引っ越しを機に、いらない本は売ってしまおうと思ったのですが捨てられない性分の私はなかなか本を手放すことが出来ませんでした。

 

本を運ぶとなると、服や小物、食器などと違い相当な重量になります。

と、なると引っ越す前に要らない物を捨てるというのが必然的な流れになります。

 

 

そこで私が実行したことを書いていきたいと思います。

 

 

まず一つ目に、

本当に大事な本、人生を変えた本などは取っておくことです。

無理して捨てないことです。

 

 

 

「これ、もう完全に必要ない」「つまらない本だった」という本は

汚いなら捨てるorメルカリで売ります。

もうずっと読んでなくて、これからも読むことがないならば、思い切って捨てた方がいいです。

捨てるのは勿体ないけど、メルカリは面倒くさいという方は、ブックオフにまとめて持って行くといいでしょう。

 

 

一番難しいのが、微妙な本

本当に大事!ってわけでもないけれど、なかなかいいことも書いてある・・・っていうような本は、私がおススメするのは、

その本の大事な部分だけをノートなり、紙に書き写してから売るということ。

迷っている本なんかはこの方法がおススメです。

 

 

最後に。

もし捨てたり売ってしまっても、もう二度と同じ本に出会えないという事はないでしょう。図書館なり、電子書籍なり、またどうしても欲しくなった時にはまたいつでも読む事ができます。

 

そして売った本は、その本を必要としている次の人の元へ届きます。

そう考えるととても手放しやすくなります。

 

私は今のところ手放した本の中でもう一度手に入れたい!と思った本はありません。

意外と手放した後は忘れてしまうものです。