とある女の日常のあれこれ

日々のちょっとしたお役立ちから、くだらないことまで。

めちゃイケが終わるらしい。

     スポンサーリンク

 

 

めちゃイケ来年の春に放送終了決定したようです。

 


去年はSMAPが終わり、今年は安室奈美恵が引退を発表し、更に来年は平成も終わる。





ここまで長く続いたバラエティ番組は無いのではないでしょうか。

学生時代は毎週めちゃイケを楽しみにしていたし、放送の翌日は学校で番組の内容が話題にもよくなっていました。

 

今日11月11の放送では、最初に聞いた岡村がみんなに報告して回るという放送内容だったのですが、まだ現段階ではメンバーは実感がわいていないように見えました。

みなさんそれぞれに忙しそうですからね。

 

 

 

 

まず岡村が最初に伝えた相手は相方の矢部

矢部は「過去最大にビックリした」と発言。

過去最大ってよっぽどですよね。つっこみ担当という役割柄、あまり心情など表に出さないイメージの矢部ですが、メンバーの中でも特にめちゃイケへの思い入れが強いんじゃないかなと思いました。

 

光浦は番組当初は女子大生だったみたいで、女芸人が株をあげたのは、この方の影響も強いのではないでしょうか。

 

 

鈴木紗理奈の場合も、めちゃイケへの思い入れが強いメンバーの一人で、一番リアクションが大きかったですね。

ヤダヤダと言っていた割に、めちゃイケの放送を見ていないという。

しかし紗理奈は働くシングルマザーであり、めちゃイケが始まる夜の八時は一番忙しい時間だということで、現代の社会的背景を映した一幕となりました。

 

まだ、めちゃイケが視聴率が高かった頃は、今みたいにシングルマザーが当たり前ではないし、食事は家族揃って取るというのが当たり前だった。

     スポンサーリンク

 

 

 

終るのは質が落ちたからでもなく、面白くなくなったからでもなく、

時代が変わったからと見てとれます。

当時はテレビを見るのが楽しみの一つだったのが、今は色んな楽しみがそれぞれにある時代です。

 

今がいいとか昔がいいとかではなく、一つの時代の流れ。

 

 

私も大人になってからは、たまたま土曜日の夜八時に時間があいていた時以外はめちゃイケをみなくなっていた。

 

 

しかし、一方でメンバーがじじばばになるまで続いて欲しかったなという思いがあります。

 

 

浜口に伝える場面では、浜口はそんなに驚いていない様子でした。

というのも、「おれは常に最終回の覚悟でやっている」という加藤浩次が言ったことを浜口も胸にとめながらめちゃイケに出演していたそうなので、ついに来たかくらいに受け止めたようです。

 

 

しかし、最後に加藤浩次の元へとめちゃイケが終わる事を伝えに行ったところ、「俺は常に最終回の覚悟でやっている」と言っていたはずの加藤浩次がかなり驚いていて面白かったです。

 

 

山本のめちゃイケ復活をもしかしたら望んでいたかもしれない加藤ですが、最後は納得したようで、ラストを飾りました。

 

 

 

江頭は出てこなかったですけれど、ラスト回までスペシャル番組として放送するようなのでどこかででてくると思います。

 

 

 

もしめちゃイケが終わったとしても、たまにスペシャル番組などで放送したりするんじゃないかと思うと、そんなに寂しい気もしないかもしれません。

 

 

 

ちなみに、このブログは一年以上前に始めましたが、何を書いていいやらと悩んだ結果その時たまたま話題になっていた山本がめちゃイケに復活するらしいという内容を書きました。

 

 

 

 

6969.hatenadiary.jp

6969.hatenadiary.jp

 

 

めちゃイケ最終回まで出来るだけ番組を見逃さないようにしたいと思います。

     スポンサーリンク