とある女の日記

日常で感じたこと、思ったことをひたすら書いていく

西野カナの「トリセツ」に嫌悪感を抱く理由

一度聞けば耳から離れないメロディーではあるのですが、まぁ内容がひどい。

以前、とりあえず西野カナを歌っておけばおっさんは喜ぶ的なブログを書いたのですが、

この「トリセツ」はその代表だと思います。

いかにも喜びそうですよね。

 

歌詞もおっさんが書いてんじゃないか?と思うくらい臭いなって思ったのですが、歌っている御本人様でした。

 

取り扱い説明書って…

物扱いか!!

いや、こういう男性受けがわかるおりこうさんな女はウケがいいんですよ本当に。

 

一昔前までは女は男の所有物でしたからね。

 

なんで失恋の曲ばかり歌っているのか。

表面取り繕う事しか考えてないからじゃないか。

 

 

なんか西野カナの悪口になってきましたが、別にこの歌手が嫌いって言うより、

西野カナ好きなおっさんが気持ち悪いんです。

 

 

最近の私は本当におっさんディスりが酷いです(笑)お許しを。

素敵なおっさんもいます。

稀に。