とある女の日記

日常で感じたこと、思ったことをひたすら書いていく

最近のお笑いが面白くない理由

f:id:op33:20161231003258j:plain

私は昔からテレビっ子で、お笑いも好きでよくテレビを見ながら笑っていました。

その小さい頃から慣れ親しんだお笑いが最近面白くないんです。

 

  • 同じ事の繰り返し

何をやるにしても斬新さがなく、過去にもうやりつくしてる感があります。

 

  • 決まりが厳しい裏が垣間見える

テレビ業界の厳しい決まり事や、縦社会が垣間見えてしまうので、つまらなく感じる。

時代はもう変わっているのに、テレビ業界はまだ古いしきたりが残っているように思えます。

 

  • ユーチューブの方が面白い

ユーチューブですね。これはもう画期的。誰でも放映者になることができる時代になりました。テレビと違って規制も厳しくないのでみんなやりたい放題やっていますよね。

昔のテレビ業界も今のユーチューブみたいな感じだったのではないでしょうか。

 

 

  • 人のあら捜しで笑いを取る

バカな事を言うと頭を叩く。という笑いの取り方が一昔前ではオーソドックスでした。

海外の人が見れば日本のテレビが面白くないというのは、今思えば当たり前のことかもしれません。人の頭を叩いて笑いを取るのですから。

私もそれが正解と思っていましたが、刷り込みでそう思わされていたのかもしれませんね。

 

  • 見ていて不快になる

視聴者が不快になるような内容の事を平気で言う。

これはたぶん良かれと思ってなんでしょうけど、職種を馬鹿にするような発言などですね。テレビ業界は昔は最先端だったのかもしれないけど、今は一歩遅れているような気がします。

時代の流れに少し乗り遅れているんですね。

 

 

と、ざっと書いてみました。

昔と違って予算がかけられないみたいな事もよく聞きますがそういう問題じゃないと思うんですよね。

年末は主に歌番組を見て過ごしたいと思います(^-^)