とある女の日記

日常で感じたこと、思ったことをひたすら書いていく

布団の中が最高に気持ちいい理由。

 

 

え~、午前四時。今日はこれから布団に入るわけなんですが。

これから眠りにつくと、辛い明日が待っている。朝は毎日辛い。

 

何故辛いのか・・・・

朝、布団から出るのが辛いから。

 

布団の中が気持ち良すぎるんです(;_;)

 

 

なんであんなに気持ちいいのか考えてみたんですけど、

まずは、今時期は特に

〝寒いから〟

という事が一番に浮かんできます。

 

朝、起きてストーブをつけるまでの距離が物凄く長く感じる。

っていうのが一つ。6度とかですよ・・・。そら寒いでしょ。

私は寝る時はストーブは完全に消す派です。

 

寒いからこそ、布団の中が気持ちいいってのはあると思うんですよね。

ストーブのタイマーとかも特にかけません。

 

朝起きるのが辛いならかけてもいいと思いますが、なんででしょうね、

かけません(笑)

 

 

他にあげられるのは・・・現実が辛いから(笑)

人生うまくいってる人とか、あまり悩みなく生きてきた人って、

そんなに起きるのが苦ではないと思うんですよね。

 

そりゃぁ、人は多少なりとも悩みはありますが。

例えばの例だと、

学校でいじめられている子の朝と、問題なしの子の朝って違うと思うんですよね。

絶望の朝になるわけですよ。いじめられている側は。

 

なので、今ある現実が過酷であるほど、布団から出られなくなるのは当たり前。

布団が優しく包み込んでくれるのですから・・・。

 

 

意外と単純な理由ですみません(笑)

最近では、起きる三時間前からアラームを鳴らし、二度寝を繰り返しております。

ダメなやつだと笑ってください。

 

あの、「まだ大丈夫だ寝れる。」感が

最高に幸せです。

エンドレス二度寝してみたいです(笑)