とある女の日常のあれこれ

日々のちょっとしたお役立ちから、くだらないことまで。

「人の目を見て話さないのは失礼だ」←人に不快感を与えないような顔になれば?

「ちゃんと人の目をみて話せ」
という言葉を昔からよく聞きます。

私の意見は、
「自分の目を見られたいなら、安心感を感じる顔を心がけるなり、顔面に気をつかうなりしたら?」
です。

 

あまり、顔の汚い人、気を使ってなさそうな人、
怪訝な顔の人、愛嬌の無い顔などは、
なるべく、目を合わせたくないのです(´・ω・`)

なんか吸いとられそう。
とか、
悪いものが自分に入ってきそう。
というような感情が心のどこかにあるのでしょう。


綺麗な顔立ちや、愛嬌のある人、優しい人などは、自然と目を見て話したくなりますよね。


不満を溜め込んだような顔の人に限って、目を合わせろなどと、ふんぞり返っている人が多いと思います。
その死んだ魚みたいな目どうにかしたら?



と、ふと思うのでした。