読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある女の日記

日常で感じたこと、思ったことをひたすら書いていく

瀧君に「誰?お前」って言われたい

こんにちは!

まだ「君の名は。」を観ていなくて、これから観る!って人は読まないでください。

 

 

 

 

題名の通り、瀧君に「誰?お前」と言われたいアラサー独身です!

君の名は。にすっかりハマってしまいまして、更に主人公の瀧君の事を好きになってしまい、すっかり瀧君ファンとなってしまいました。

 

 

映画を観た人ならわかる思いますが、

三つ葉が瀧君に会いに行き、瀧君はまだ中学生で三つ葉の事を知らない場面です。

 

「瀧君、覚えてない?」

と聞かれた瀧君は、

怪訝な顔をして、冷たい口調で

「誰?お前」

と答えてしまうのです。

 

 

三つ葉としては、かなりショックですよね。

 

 

 

しかし、私が思う事は、

「私も言われたい」

です(笑)

 

 

 

 

この心理状況は一体なんなのでしょうか(笑)

自分なりに考えていきたいと思います(。-`ω-)

 

 

 

 

 

中学生の男子の特徴といえば、思春期が始まりなかなか素直になれなくなってしまう時期。

人によってはツンデレが強くでてしまう時期ともとれます。

 

 

普通そんな子って、何を考えているかわからなかったり、素直じゃなくて可愛くない!ムカつく!!ってなると思うんですけど、

私くらいの年齢になると、そこが逆に可愛い!!となってしまうんですね。

 

 

周りの友達や、親戚に子供ができ、小さな子供とかかわる機会が増えたというのも関係してると思います。

 

 

当たり前の事ですが、大人では許されないことが、子供はなんでも許されてしまいます。

 

例えば、小学生くらいの子供にふざけて「おばさん!」と言われてもそんなに腹が立ちませんよね。

むしろ、この子かまって欲しいんだなって思って、一緒に遊んだりしますが・・・

 

 

「おばさん」と言ってくるのが、汚いおっさんだったとしましょう。

「はぁぁぁあ!?」

ってなりますよね(笑)

 

これは実体験です。

なんででしょうね。見た目気持ち悪いおっさんに限って、性格悪い。

本当に。

 

 

これが、まだ大人になりかけている途中の男子だと、「逆に可愛い~(>_<)」ってなってしまうのです!

 

 

 

 

 

次にあげるのは、瀧君がイケメンだということ。

女性なら誰しもが、イケメンに突き放されたいという願望があるのではないでしょうか。(私だけですね(笑))

 

 

 

まず、瀧君の特徴をあげます。

・都会に住んでるイケメン

・性格は素直で可愛くて不器用な面もあるが一生懸命

・勉強熱心でもあるし絵も描ける(ギャップが素晴らしい)

・弱いくせに喧嘩っ早い(ハムスターみたいで可愛い)

・周りに変だと言われようが、自分が決めた事は突き詰める

リア充

 

 

もし、「誰?お前」

をこの瀧君と逆のタイプの男に言われたとしましょう。

・田舎で暮らし、性格はひねくれている

・マニアック

・がたいはいいが小心者で弱いものいじめをする

・見た目通り絵のセンスもギャップもなにもない

・世間体ばかりを気にし、芯がない

・非リア充で不満ばかり吐いている

・女を見るとすぐに鼻の下を伸ばす

 

 

と、極端に瀧君とは逆の人物像を作ってみましたが、

こんな男性に言われてしまえば

心の底から怒りがこみ上げてくることでしょう(笑)

 

 

 

 

結果、やはり母性がくすぐられるかどうかが関係しているのではないでしょうか。

(最近の私は母性というワードがやたら出てきます)

もしかしたら、好きな人に冷たくされたいというマゾ的な考えが私にはあるのかもしれません(笑)

 

 

 

 

以上、瀧君の素晴らしさを語る自己満足日記でした!

 

 小説 君の名は。 (角川文庫)

 

 

 

君の名は。(通常盤)

君の名は。(通常盤)

 

 

 

君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)