とある女の日記

日常で感じたこと、思ったことをひたすら書いていく

宝くじはハズレた。期待していたのに。

今年は、色んな占いをみても、かなりいい年であり、なかなか運の良いことが次々に起こるなと、もしかしたら宝くじ買ったら当たるんじゃないか!?と思い、連番で10枚買ったんです。


枚数は関係なく、当たるときは当たるんだ!と
10枚に私の夢を託しました。



もし当たったら、まず親にいくら、きょうだいにいくら、そして私は好きなことだけをして暮らす。


服を思う存分買ったり、いい家に引っ越したり、海外の行きたいところに全部いったところで結婚するんだ!!事業も拡大出来るかも!って本気で考えていました。




今日宝くじと一緒に置いてあった招き猫あたりから、カタッと音がしたんですね。


あ!そういえばもう当選番号出てるなーと思って、調べてみると。


なんと。





300円当たりましたーーーー✨







わーい(°∀°)
300円わーい(°∀°)






3000円が300円になりましたー。(ToT)



いや、知ってますよ。宝くじとはそう言うもんだってこと、もちろん知ってますよ。大人ですから。





でも、なんだろ、知ってるけど今回は当たると思ってたんです。一等じゃなくてもそれなりの額が。。。



なんて浅はかな...
3000円分買ったくらいで、当たると思っていた...
なんて浅はかな...






いいんです、夢見ることを3000円で買ったんです!


これからは、堅実に生活していこうと思います!!









世の中に私ほど不真面目に生きてる人っているのかぁ?

「偶然」の統計学

「偶然」の統計学