とある女の日記

日常で感じたこと、思ったことをひたすら書いていく

花火大会始まる一分前に大豪雨 だけど私は予定がないので帰宅

昨日は私の地元で花火大会がありました。

花火大会なんて、最後にいつ行ったのか思い出せないくらい行ってません。

 

本当は日曜日にやるはずだったけど、日曜日も雨で延期になっての昨日。

 

街中は、鮮やかに着飾った浴衣のお姉ちゃんたちが沢山いました!

浴衣カップルも多かったですね~

私、浴衣で花火デートに憧れています。

いつか素敵な彼氏が出来たら一緒に浴衣着てデートするんだ(/ω\)

 

なんか、最近の浴衣ってなんていうんだろう、キャピキャピした柄のものが多くないですか?お下品なピンク色とか、子供っぽい柄というか・・・

昔からあんなんだったっけ・・・

私の感覚が大人になったのかな?

シンプルでしっとりしたがらのものが好きです。

浴衣の柄といい、帯といい、頭といいごちゃごちゃしているような気がする。

やばい、もしかして言っていることおばちゃんかな?(笑)

 

 

私が傍からなんと言おうと、私より彼女らの方がリア充なのは間違いないです。(笑)

 

 

 

昨日は、開催される現場付近に用事があり帰りにでもチラッと見えるかな~なんて思ってたんですけど、もう始まるかなって時にいきなりのゲリラ豪雨!!

 

いきなりの事だったので、近くのドラッグストアーにかけこんで雨を眺めていたんだけど・・・あの感じじゃぁきっと大体の人はずぶ濡れになったんだろうな・・・

 

せっかく着飾った浴衣の人たち大変だったんだろうな・・・

 

あんだけの沢山の人がいるのだからきっと色んなドラマが生まれたのだろうと、妄想しながら一人ずぶ濡れになりながら帰りました(笑)

わ~い、ずぶ濡れ楽し~♪

 

その後家にいたら花火の音聞こえてきたので、たぶん時間遅らせて始まったんだと思う。

 

花火大会なのに一人で過ごすということも、最初は物凄く寂しく感じていたけれども、これが五年目とかになるとさすがに何も感じなくなってくるものですね(笑)